再造散《傷寒六書》

相模原、漢方、漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

再造散《傷寒六書》

 

証治分析:陽虚外感風寒証

・身熱悪寒、熱軽寒重、無汗、頭痛 ← 外感風寒邪在肌表

・嗜臥倦怠 ← 陽気虚弱、神が栄養を失う

・肢冷 ← 陽虚失温

・面色蒼白、語言低微 ← 陽虚気弱、生化不足

・舌淡苔白、脈沈無力 ← 陽虚外寒のあらわれ

これらは「陽虚外感風寒」による症状による

 

方解: 助陽益気、解表散寒

君:黄耆、人参、附子 → 補気助陽、邪を外出させ陽が汗ととともに脱するのを防ぐ

臣:桂枝、細辛、羌活 、川芎、防風 → 疎風散寒、解表逐邪

佐:赤芍 → 炒用泄熱行血、附子、桂枝、羗活、細辛の燥性を制約

佐:煨姜 → 温胃

佐:大棗 → 滋脾

 合わせて脾胃生発の気昇騰し、調営衛して汗源を資する

使:甘草 → 甘緩の性質は汗が出過ぎないように、また安中し調薬の作用

 

 相模原 漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院