九味羌活湯《此事難知》

相模原,漢方,漢方薬局

相模原 タナココ漢方薬局 方剤解説

 

九味羌活湯《此事難知》

証治分析:外感風寒湿邪、裏有蘊熱証

・悪寒発熱、肌表無汗 ← 肌表に風寒湿邪、 腠理密閉

・頭痛項強、肢体酸痛 ← 経絡が寒湿に襲われる、気血運行不暢

・口苦、渇 ← 裏に蘊熱し傷津

・苔薄白あるいは黄脈浮 ← 表証と裏熱のあらわれ

これらは「肌表に風寒湿邪、裏に蘊熱」による症状

 

方解:発汗袪湿、清裏熱

君:羌活 → 散表寒、祛風湿、利関節、止痹痛に働き、表に風湿がある時の要薬

臣:防風 → 袪風除湿に長けており、散寒止痛する

臣:蒼朮 → 辛苦温燥、 発汗除湿

 *防風+蒼朮で羌活の袪邪止痛の働きを助ける

佐:細辛・川芎・白芷 → 散寒袪風宣痹、頭身疼痛を止める

佐:生地、黄芩 → 清泄裏熱と辛温燥烈の作用による傷陰を防ぐ

使:甘草 → 調和諸薬

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

 

前の記事

自律神経失調症と漢方

次の記事

納豆の死亡率に与える影響