マスクの素材

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行してから、いろいろなマスクが増えました。一時はマスクの供給不足からさまざまな素材の手作りマスクも増えましたが、やはり重要なのは性能です。

手作りマスクに使用されている素材を使用して超微粒子の捕集効果を検証した報告がありました。

 

以下がその結果です。

 

コロナ手,作り,マスク,素材

左から

N95マスク、サージカルマスクで続いて掃除機用のヘパフィルター、洗浄可能バッグと続くのですが、ヘパフィルターはN95を上回っています。

 

次に単層の布ですが、

ウインドブレーカー、ジーンズデニム、フエルト生地、厚手のコットン、靴下、キルト生地、ミンキー生地、コットンシャツ、薄手のコットン、中綿コットン、コットンフランネル、クラフトフェルト、100%ナイロン生地、厚手のTシャツ、コットンジャージニット、ライクラ(ポリウレタン)、接着芯、薄手のTシャツと続きます。

多層の布は、コットン、中綿、接着芯などを組み合わせたもののそれぞれの結果です。

 

おそらく、今後はあまり手作りする機会はないかと思いますが、手作りする際は参考になりそうです。

効果は単層のものより2層、3層のものの方が効果的で、さらに不織布の接着芯を加えると効果が高まるとのことですが、N95マスクに比べると呼吸がしにくくなるとのことですので、バランスを考えながら組み合わせると良い様です。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院