マスクの予防効果

新型コロナウイルス感染症,新型肺炎,マスク,漢方薬局,相模原,妊活,漢方

マスク不足はいつ解消されるのでしょうか。

マスクは意味がないと言ったり、一定の効果があると言ったり、もうめちゃくちゃな感じになっていますが、マスクの効果は実際はどの程度なのでしょうか。

確かに感染している人がマスクをして飛沫を広げないようにするのは有効というのは以前より言われています。感染者がマスクをすることで飛沫を広がるのを防ぎ感染リスクを減らせます。

では予防でマスクをつけることは有用なのでしょうか。

しかも今回の新型コロナウイルスは無症状の感染者がいるため、「症状がない人のマスクの使用」について統一した見解はありません。というのも有効性を実証した研究がないのが現状です。

海外では、マスクをして外を歩くと、重病人が何らかの理由で外を出歩いていると認識するようです。マスクをするのはそのような人か、病院のスタッフで、そもそも予防のためにマスクをつける習慣がありません。

感染者でもない人がマスクをつけていると不思議がられます。そのような文化背景があり、マスクで予防するという考えがないので、そもそもの海外での研究報告がないのだと思います。

少し古くなるのですが、マスクの感染予防効果についてのレビューがあります。

その中で、一貫して得られた結論はありませんでしたが、マスクの着用と手指消毒の使用が二次感染を減らす可能性があるとする報告や、SARSではリスクの低下が認められたとする報告がありました。

これらはいずれも研究としては不十分で、インフルエンザ感染の予防効果を確立したものではありませんでしたが、マスクの装着により一定の感染予防効果は期待できると考えて良さそうです。

現在マスクの使用については様々なことが言われていますが、これはマスクそのものの効果に差があることと、マスクの扱い方には個人差が大きいことも「マスクをしていれば安心」とならない理由なのだと思われます。

おそらく、現在の新型コロナウイルスの感染状況を考えると、無症状の感染者からの感染を防ぐためには、手洗い、手指消毒、環境消毒、充分な換気、密閉空間での集まりを避けるなどと合わせてマスクの使用には一定の効果があると考えても良さそうです。

科学的にしっかりとした根拠はないものの、マスクは無駄というわけではなさそうです。

買占めして転売するのはやめましょう。
そして転売ができなくなったからといって返品するのもやめましょう。

日々の体調管理も、感染症予防には重要です。

バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動も大切に。+αで漢方もどうぞ。

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院