マクロビオティック

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

マクロビオティックは

「身土不二」「一物全体」「陰陽調和」

と、長寿の食生活について説くものとして広がっていますが、この考え方は子どもの食生活には当てはまらないかもしれません。

 

マクロビオティック,薬膳,漢方

 

 

少し前の研究ですが以下の様な報告があります。

マクロビオティック食を摂取している子ども0〜10歳を対象にその健康について調査したところ、主に6~18ヶ月の子どもでは 知能の発育の遅れ が見られ、エネルギー、タンパク質、ビタミンB12、ビタミンD、カルシウム、リボフラビンの偏在的な欠乏がみられ、これらの影響で、成長の遅れ脂肪と筋肉の消耗精神運動発達の遅れにつながっていたとしています。

また、マクロビオティック食の母親の母乳には、ビタミンB12、カルシウム、マグネシウムの含有量が少ないことがわかりました。

研究報告ではマクロビオティックの食事に、脂肪(最低20〜25g/日)、多脂魚(最低100〜150g/週)、乳製品(最低150〜250g/日)を補給することが推奨されるとしています。

 

大人と子ども、必要な栄養には違いがありますので注意が必要です。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院