ソフトドリンクの摂取と喘息の関係

喘息,新型コロナウイルス,ソフトドリンク,漢方,漢方薬局,相模原

多くの方が大変な思いをされている喘息ですが、もしかするとソフトドリンクの摂取が喘息のリスクを高めているかもしれません。

日々ソフトドリンクのCMを見ない日はありません。かなり私たちの身近にあるものです。摂りすぎによる様々な影響が言われています。また喘息は小児から高齢者まで全ての年齢層で発症する気道の慢性炎症性疾患で、2017(平成29)年の厚生労働省による病院及び診療所における患者調査では、継続的に医療を受けている喘息の総患者数(推計)は117万7,000人と報告されています。患者さんの数も非常に多い疾患です。

今回の報告では、観察研究19件の合計468,833名の参加者、5万人以上の患者さんについて調べたところ、ソフトドリンクの消費で

大人では37%
子どもでは14%

喘息のリスクが高くなることがわかりました。

妊娠中のソフトドリンクの摂取では11%のリスクの増加と関連していました。

因果関係を確立させるためにはより長期的な調査が必要としていますが、ソフトドリンクに含まれる糖は炎症を引き起こしやすくすると言われています。

炎症性疾患である喘息では摂取量には気をつけた方が良さそうです。

 

漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院

前の記事

夫婦仲良く

次の記事

つわり