コレステロールの薬(スタチン)と新型コロナウイルス感染症

こんにちは、相模原タナココ漢方薬局・鍼灸接骨院です。

 

コレステロール低下薬としてよくつかわれている「スタチン製剤」が、新型コロナウイルスに対して重症化を予防する可能性があることが報告されています。

 

相談に来られる患者さんの中には知っている方もいて、ちょっと高めだから出してもらおうかな・・・と話されることもあります。

 

この報告は、8,990例のCOVID-19患者を対象とした4つの研究を解析したものです。

 

その結果、スタチン使用者では死亡または重症化のリスクが30%も大幅に減少したことがわかりました。

 

研究の報告者は、交絡因子を広範囲に調整した大規模研究であるためデータは信頼できるとしています。

 

一方で。研究は後ろ向き研究であることに注意が必要です。今後確固たるデータとして臨床に使用する場合は前向き研究が必要です。


このほか、プレプリントですが、同様の結果となっている報告も最近ありました。


スタチンには新型コロナウイルスが侵入に必要なコレステロールを減少させたり、血管の炎症を抑える効果があると考えられており、おそらくスタチンが、COVID-19の重症化を抑える効果がありそうだと言えると思いますが、今後のさらなる研究が必要です。

 

スタチンを服用されている方も、そうでない方も、本来の使い方以外の方法での対応には注意が必要です。

 

ワクチンの接種が一部医療従事者から開始されましたが、ワクチン接種を希望されない方もいらっしゃいます。

 

ワクチン接種を希望されない方が新型コロナウイルス感染症の対策として、未だ確立されていない方法で対策するのは危険が伴いますので、根拠がはっきりしない情報に流されることなく、また、効果的だという報告に飛びついたり、一喜一憂したりせず、基礎疾患がある方は基礎疾患へのケアを優先し、感染予防の徹底を継続してください。

 

 漢方相談・妊活相談・鍼灸接骨院 & よもぎ蒸し カフェ

タナココ

 

問い合わせ 相模原 漢方薬局 鍼灸 接骨院