カフェインと片頭痛の関係

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ メディカルハーブティー タナココ

タナココではカフェでコーヒーも提供しています。(デカフェのコーヒーもあります。)

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ メディカルハーブティー タナココ
最近コーヒーにまつわる研究報告が増えているのは皆さんもご存知のことと思います。

コーヒーはポリフェノールなどのいわゆる「体に良い成分」を多く含むとされる一方で、特に「刺激物」としてカフェインを含むので、片頭痛のきっかけてなるのではないかと思われている方も多いようです。

片頭痛は頭の片側が痛むことが多く、痛みの発作は通常4~72時間続き、ズキンズキンと拍動性の痛みであることが特徴です。

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ メディカルハーブティー タナココ

頭痛の程度は中等度~高度で日常生活に支障をきたします。

日常的な動作で頭痛が増強し、吐き気を伴うことが多く、脳の一時的な興奮により発作中は感覚過敏となって、ふだんは気にならないような光、音、においを不快に感じることがあります。

片頭痛はそれを引き起こす誘因があります。ストレス過多の時だったり、逆にストレスから解放された時であったり、寝すぎ・寝不足などだったり、女性ではホルモン分泌バランスの乱れだったり、光、騒音、においなどの環境の変化だったり様々です。

さて、そんな片頭痛ですが、カフェインが入ったコーヒーのような刺激物ははたして片頭痛を引き起こすような誘因になるのでしょうか。気になるところですが、それを検証した研究があります。

報告によると、1日に3杯以上のカフェイン入り飲量を摂取すると片頭痛のリスクはやや高くなるようですが、1日1〜2杯飲む場合は片頭痛との関連性は見られませんでした。

相模原 漢方 妊活 接骨 鍼灸 よもぎ蒸し カフェ メディカルハーブティー タナココ

The American Journal of Medicine Volume 132, Issue 8, August 2019, Pages 984-991

今まで、このような研究は少なく、コーヒーなどのカフェイン飲料が片頭痛の発作に与える影響について知ることができたのは大きな成果だと思います。他の要因との相互作用を知るにはさらなる研究が必要ですが、コーヒーについて、少なくとも片頭痛持ちの方には適量がどのくらいなのか参考にしても良さそうです。

片頭痛に悩まされている方は、片頭痛の誘因になる要素を遠ざけるような生活スタイルへの変更が大切ですが、合わせて漢方で体質改善、鍼灸・接骨施術でからだのバランス調整を行うことで、発作を起こりにくくすることができます。

一度発作が起こると日常生活に支障が出る片頭痛ですが、解決策がありますのでタナココにご相談ください。

相模原 漢方 鍼灸 接骨 よもぎ蒸し 血液検査 カフェ

タナココ

前の記事

タバコ

次の記事

何を食べれば良いのか